ラブロフ外相のプロフィール

ラブロフ外相

ラブロフ外相

名前: セルゲイ・ラブロフ
フルネーム: セルゲイ・ヴィクトロヴィチ・ラブロフ
生年月日: 1950年3月21日
出生地: ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国 モスクワ
出身校: モスクワ国際関係大学
現職: 外交官、外務大臣
所属政党: 統一ロシア
称号: 戦争犯罪者
配偶者: マリア・ラブロワ

ラブロフ外相は“プーチンの犬”とも称されるプーチン大統領の懐刀

ラブロフ外相は、2004年3月にプーチン大統領によって起用されて以来、実に18年以上に渡ってロシアの外務大臣として“ロシアの顔”を務めてきました。

その意味で、ラブロフ外相は現在のロシア・プーチン体制において最も経験豊富な最古参の閣僚であり、プーチン大統領の懐刀(ふところがたな)とも呼ばれています。

ラブロフ外相(左)とプーチン大統領

ラブロフ外相(左)とプーチン大統領

例えば、2008年のジョージアとの電撃戦や2014年のクリミア併合など、ラブロフ外相はこれまでプーチン大統領が掲げる“多極的”な新世界秩序構想を世界に伝えるべく、西側諸国と激しくやりあってきました。

権謀術数に長け、他国の間では強行な外交姿勢を取ることで知られていますが、特に今回のロシアによるウクライナ侵攻でも、西側諸国から浴びせられる痛烈な非難の声など一切耳意に介することなく、ただひたすらに自国の主張を繰り返すラブロフ外相。

長年、ロシアの顔として世界中で活躍してきた彼であれば、今回のロシアの蛮行が、世界中からどのように見られているかなど、当然理解しているはず。

にもかかわらず、終始、自己正当化に徹するプーチン大統領の主張を従順に展開する姿は、まさに「プーチン大統領の犬」そのものなんですよねぇ…。

プーチン大統領と犬

プーチン大統領と犬

「ロシアはウクライナを攻撃していない」に世界中から非難殺到

特に、ロシアのウクライナ侵攻から約半月が経過した2022年3月9日、ロシア軍がウクライナ南東部マリウポリの産科・小児科病院を爆撃した際、ウクライナのゼレンスキー大統領は次のようにロシアを糾弾しました。

爆撃されたマリウポリの産科・小児科病院から救出される妊婦

爆撃されたマリウポリの産科・小児科病院から救出される妊婦

「小児科と産科病院はロシアにとって脅威なのか。ロシアは病院におびえる国なのか。侵略者がマリウポリでしていることは極めて残虐だ。産科病院への攻撃はジェノサイドの証拠だ」

そして、その惨状が世界中に報道され、誰の目から見てもロシアの蛮行が明らかだったにもかかわらず、ラブロフ外相はこの爆撃について、次のような強弁を繰り返していたんですよね。

「我々は、ウクライナを攻撃していない。ロシアの安全が脅威にさらされているのだ。」

「ロシアが戦争を望んだことは一度もない。」

「ウクライナ市民は“人間の盾”にされている。“人間の盾”として人質になっている民間人を解放したい」

さらに、ラブロフ外相はまさに世界中から湧き起こる非難の声や、向けられた怒りに対してあざ笑うかのような、次のコメントを残しています。

「ロシア軍が犯した残虐行為とやらに気をもむ“哀れなヤジ”を耳にするのは、これが初めてではない」

一昔前であればいざしらず、今やネットを介してほんの数秒もあれば世界中に情報が拡散する時代です。そんな情報化社会にあって、公の場であれほど堂々と嘘がつける精神状態は普通ではありません。

それが主人であるプーチン大統領に対する忠誠なのか、恐怖心からくる居直りなのかは不明です。

しかし、世界中からどれだけ非難を浴びようと一切意に介さず、強行な姿勢を崩さないラブロフ外相の姿は、結果的に野蛮で冷酷極まりないロシアの真の姿を世界中にまざまざと知らしめたと言えます。

そこで今回、そんな“プーチン大統領の犬”とも揶揄されているラブロフ外相とプーチン大統領の仲や関係についてまとめてみました。

ラブロフ外相とプーチン大統領の関係① プーチン政権の「Mr.ニェット」

2004年3月、プーチン大統領によって外務大臣に任命されて以来、実に18年以上に渡ってまさに“ロシアの顔”として活躍してきたラブロフ外相。

ラブロフ外相とプーチン大統領

ラブロフ外相とプーチン大統領

かつて、プーチン大統領は、とある公の席でラブロフ外相を次のように紹介したと言います。

関連するキーワード

関連するまとめ

首長族の首輪はなぜ?レントゲン写真と骨格・首輪なし画像と外すタイミングまとめ

タイの少数民族・首長族について、「首輪はなぜ?」という話題があがっています。また、レントゲン写真・骨格、首輪…

cyann3 / 2688 view

イルミナティカードが東京オリンピック延期を予言?その真相まとめ

都市伝説業界では様々なことを予言しているとされるイルミナティカード。現在では「東京オリンピックの延期・中止」…

aquanaut369 / 409 view

ルーシー・ブラックマンさん事件の真実!犯人の織原城二は在日?場所は洞窟やマンション・…

日本で起こった「ルーシー・ブラックマンさん事件」について、その真実が注目を集めています。殺害場所は洞窟・マン…

cyann3 / 2342 view

シャロン・テート事件と犯人の現在!マンソン・ファミリーや殺害現場・その後も総まとめ

1960年代に人気を集めた女優のシャロン・テート。人気絶頂のときにチャールズ・マンソン率いるマンソン・ファミ…

aquanaut369 / 1170 view

イラク戦争の原因や死者数!間違いによる侵略でアメリカに責任?日本の対応・株価への影響…

多くの犠牲者を出したイラク戦争。この戦争はアメリカの強硬な姿勢も原因となっていて、最終的には「間違い」による…

aquanaut369 / 394 view

ソニー・ビーン一族事件は嘘?実在?洞窟や死刑を逃れた末裔と真相まとめ

ソニー・ビーンとは、15世紀頃にスコットランドに実在したとされる人物です。48人の一族がいて洞窟に住み、人間…

Mrsjunko / 6517 view

ルーマニア女子大生殺人事件の真相&犯人の現在!ブラッド・ニコラエが益野友利香さんを殺…

2012年8月15日、兵庫県宝塚出身の女子大生である益野友利香さんが、ルーマニアで殺害され金品を奪われた事件…

Mrsjunko / 6311 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

トンガ王国が東日本大震災で支援した義援金の金額は?国家予算で比較した結果も紹介

2022年1月15日、トンガ王国で1000年に1度とも言われる大規模な海底火山の噴火が発生しました。 これ…

passpi / 493 view

ゼレンスキー大統領のコメディアン時代と“股間ピアノ”の持ちネタまとめ【動画あり】

ロシアに一歩も怯まず、「どんなことがあっても母国を守り抜く」という覚悟を、ウクライナ国民のみならず、全世界に…

passpi / 820 view

チャールズ・マンソンの死因!身長と生い立ちや家族・事件・晩年や映画化まとめ

「マンソン・ファミリー」と呼ばれるコミューンを率いて連続殺人事件を起こしたチャールズ・マンソン。 今回、チ…

passpi / 764 view

中村哲医師の結婚や嫁と子供(息子/娘)の情報!脳腫瘍で亡くなった次男も総まとめ

長年パキスタンやアフガニスタンにて活動していた医師の中村哲。彼が2019年に亡くなったあと、家族も注目を集め…

aquanaut369 / 2543 view

シャロン・テート事件と犯人の現在!マンソン・ファミリーや殺害現場・その後も総まとめ

1960年代に人気を集めた女優のシャロン・テート。人気絶頂のときにチャールズ・マンソン率いるマンソン・ファミ…

aquanaut369 / 1170 view

プーチン大統領の身長や体重は?筋肉とトレーニングもまとめ

ウクライナに対する軍事侵攻により様々な制裁が科されているロシアのプーチン大統領。 今回、プーチン大統領の身…

passpi / 642 view

ピザ配達人爆死事件と犯人の現在!爆死したブライアン・ウェルズの遺体/映画やアンビリバ…

2003年のペンシルベニア州で、ピザ配達人ブライアン・ウェルズが銀行強盗を起こした直後に、首につけた爆弾が爆…

passpi / 13696 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク