アルベルト・アインシュタインのプロフィール

アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein)

アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein)

生誕: 1879年3月14日
出身地: ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州ウルム市
死没: 1955年4月18日(76歳没)
死没地: アメリカ合衆国・ニュージャージー州プリンストン
居住: ドイツ、イタリア、スイス、オーストリア(現在のチェコ)、ベルギー、アメリカ合衆国
国籍:
 ・ ドイツ帝国、ヴュルテンベルク王国(1879-1896)
 ・ 無国籍(1896-1901)
 ・ スイス(1901-1955)
 ・ オーストリア=ハンガリー帝国(1911-1912)
 ・ ドイツ帝国 (1914-1918)
 ・ ドイツ国(1918-1933)
 ・ アメリカ合衆国(1940-1955)
研究分野: 物理学、哲学
出身校: チューリッヒ工科大学、チューリッヒ大学

アルベルト・アインシュタインの生い立ち

ドイツ南部のウルムという都市で電気機械の工場を営む真面目なユダヤ人の父と、音楽が大好きな母の間に、1879年3月14日に誕生したアルベルト・アインシュタイン。

生まれた時は頭が大きく、形もいびつで、体重も標準を大きく超えており、さらに子供時代はほとんど喋らず、何か話す際にも非常にゆっくりとしか話せなかったことから、家族はアルベルトの知能の遅れを心配していたそうです。

幼少期のアルベルト・アインシュタイン

幼少期のアルベルト・アインシュタイン

実際、アルベルトは大人になってからも、アルファベットのスペルをよく間違ったり、「R」を生涯反対にしか書けなかったとも言われており、その意味では実際に何らかの言語障害を抱えていたとも言われているようです。

ただ、そんな言語面での障害があったからこそ、物事を色んな方向から眺め、柔軟性のある発想ができる能力が鍛えられたとする説もあるようです。

5歳の時にプレゼントされた方位磁石で“見えない力”の存在に気づく

5歳の時に父親からプレゼントされた方位磁石に、異常な興味を示したというアルベルト・アインシュタイン。

針をどんなに動かしても、必ず元の位置に戻ることを不思議に思った彼は、この時に初めて“見えない力”の存在に気づいたとも言われています。

アルベルト・アインシュタインと妹のマリア

アルベルト・アインシュタインと妹のマリア

そして9歳の頃には、「ピタゴラスの定理」を独学で証明してみせて周囲を驚かすと、12歳の頃には微分や積分を独学で習得してしまったのだとか。

そして9歳の頃には、「ピタゴラスの定理」を独学で証明してみせて周囲を驚かすと、12歳の時には、叔父からユークリッド幾何学の本を貰って独学でマスター。微分や積分もこの時に習得してしまったと言われています。

このアルベルト・アインシュタインの天才っぷりは、前述した言語障害が関係していたのではないかとも言われているようです。

つまり、言葉に対する理解が遅かったことで、物事をより柔軟な発想や想像力をもって理解していく力が鍛えられた…という説ですね。

そして、この頃からアルベルト・アインシュタインは、周囲から“天才”扱いされるようになっていったようです。

学生時代のアルベルト・アインシュタイン

そんなアルベルト・アインシュタインは、ミュンヘンのギムナジウム(日本の中学校に相当)に入学するのですが、頭は抜群に良かったものの団体行動が苦手だった彼が、当時のドイツの軍国主義教育に馴染めるわけもなく、すぐに学校を辞めてしまいました。

14歳のアルベルト・アインシュタイン

14歳のアルベルト・アインシュタイン

16歳になるとスイスの高校に進学したアルベルト・アインシュタインは、大学はスイスの名門チューリッヒ工科大学を受験するのですが、苦手科目が足を引っ張り不合格に。

しかし、得意科目である物理と数学の点数が全受験生の中で最高得点を取っていたことが考慮され、1年間ギムナジウムに通うことを条件に、翌年の入学を許可されたそうです。

大学卒業からノーベル物理学賞を受賞するまで

当時のチューリッヒ工科大学と言えば、スイス国内はおろかヨーロッパでも屈指の名門校だったにも関わらず、教授陣は前近代的な体質のままだったこともあり、アルベルトは教授たちとことごとく衝突することになります。

若い頃のアルベルト・アインシュタイン

若い頃のアルベルト・アインシュタイン

本来、彼ほどの頭脳の持ち主であれば、大学の研究室に残ってしかるべきなのですが、授業にまともに出席しなかったり、実験で爆発事故を起こしたりする問題児だったことから、卒業後は大学に助手として残ることすら許されませんでした。

結局、しばらくは臨時雇いの学校教師や、家庭教師などをしながら、コツコツと論文を書く生活を続けていたアルベルト・アインシュタイン。

しかし、彼が書いた論文はまったく認められなかったと言います。それでも友人の紹介でスイス特許庁に就職したことで生活がなんとか安定したアルベルト・アインシュタインは、1903年、学生時代からの恋人だったミレーバと結婚しています。

そして、その2年後の1905年、後世に多大な影響を与えることになる「ブラウン運動の理論的解明」「光量子仮説」「特殊相対性理論」と、それぞれに関連する5つの論文を次々と発表するんですよね。

25-20-1515.jpg

25-20-1515.jpg

若い頃のアルベルト・アインシュタイン

独特の発想や切り口から説かれるアインシュタインの理論は、それまでの物理学の常識を根底から覆したことから、その後、1905年は「アインシュタイン奇跡の年」と称されるようになりました。

アルベルト・アインシュタインは、この偉大な論文発表から3年後の1908年には、特許庁を辞め、母校であるチューリッヒ工科大学の助教授を経て、プラハ大学の教授に就任。

そして、「特殊相対性理論」をさらに発展させた「一般相対性理論」の発表により、1921年にノーベル物理学賞を受賞しています。

アルベルト・アインシュタインの家族や子孫(子供)について

アルベルト・アインシュタインの最初の嫁・ミレヴァとの馴れ初め

アルベルト・アインシュタインは、チューリッヒ工科大学在学中に最初の妻となるミレヴァ・マリッチと出会いました。

アルベルト・アインシュタインとミレヴァ・マリッチ

アルベルト・アインシュタインとミレヴァ・マリッチ

4歳年上のセルビア出身の優秀な女子学生で、洞察力に富み、学術的な議論も同等に交わすことのできるミレヴァに、アルベルトは次第に惹かれていきました。

一方のミレヴァも、物理学や数学の分野に突出した才能を魅せるアルベルトに、実は母親から譲り受けた音楽の趣味があることを知り、彼に魅力を感じていったようです。

関連するまとめ

パブロ・ピカソの女性遍歴!結婚や嫁と子供・孫・子孫を総まとめ

世界的な画家のパブロ・ピカソさんについて、過去の女性関係が話題です。また、パブロ・ピカソさんの結婚した嫁と子…

cyann3 / 2270 view

カスパー・ハウザーは実在?正体とDNA・王族の末裔の噂・最後の言葉と謎・考察まとめ

カスパー・ハウザーは実在するのかについて話題となっています。また、カスパー・ハウザーの正体とDNA、王族の末…

cyann3 / 4494 view

ナポレオン・ボナパルトの身長!イケメン画像・エピソードと肖像画発見まとめ

フランス皇帝のナポレオン・ボナパルトについて、身長の話題が挙がっています。また、ナポレオン・ボナパルトのイケ…

cyann3 / 2037 view

ホモサピエンスの誕生は何年前?顔や身長など特徴・なぜ生き残ったのか総まとめ

ホモ・サピエンスについて、誕生は何年前・いつ頃なのかという話題が挙がっています。また、ホモ・サピエンスはなぜ…

cyann3 / 1907 view

ロザリア・ロンバルド(少女のミイラ)の現在!父など家族や生前の姿・目の瞬きを総まとめ

‟世界一美しい少女のミイラ”と言われるロザリア・ロンバルドさんですが、今も多くの謎が残っていると言われていま…

sumichel / 12391 view

ヨシフ・スターリンは身長が低い?史上最強の独裁者が抱えていたコンプレックスまとめ

約29年間という長きに渡ってソビエト連邦の最高指導者として君臨し、独裁者として恐れられたヨシフ・スターリンで…

passpi / 7956 view

パブロ・ピカソの人気作品ランキング20選【最新決定版】

最も多作な美術家であると『ギネスブック』に記されているパブロ・ピカソは、これまで多くの作品を残し、後の芸術家…

maru._.wanwan / 2996 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ヨシフ・スターリンと岡田真澄が似てる!2人の関係も総まとめ

ソビエト連邦の最高指揮者として知られるヨシフ・スターリンですが、岡田真澄さんと似てると以前から話題になってい…

sumichel / 6141 view

カーネルサンダース像の呪いと現在!道頓堀川その後・日本に来日の回数・親日や反日も総ま…

1985年10月16日のセントラル・リーグでの阪神優勝の際、勢い余った阪神ファンがカーネル・サンダース像を道…

Mrsjunko / 925 view

即身仏の本物が見れる日本の場所!作り方や失敗例・現在禁止されている理由・山形はなぜ多…

即身仏はミイラと間違われることもありますが、実際即身仏になるまでの過程をたどると全く違うものです。そんな即身…

Mrsjunko / 1433 view

キュリー夫人の名言ランキング22選【最新決定版】

世界で初めてノーベル化学賞を受賞し、史上最も世界に影響を与えた女性の第1位にも選ばれたことがある、放射能研究…

maru._.wanwan / 1594 view

ツタンカーメンの家系図と家族!父親と母親・結婚した嫁や子供・子孫を総まとめ

古代エジプト・ファラオの中でも最も人気が高いツタンカーメンですが、複雑な家系図としても知られています。 そ…

sumichel / 7559 view

アレキサンダー大王の生涯と歴史!配偶者の死因やその後・功績まとめ

アレキサンダー大王(アレクサンドロス3世)の生涯と歴史をご紹介します。また、アレキサンダー大王は配偶者の死を…

cyann3 / 2706 view

アガサ・クリスティーの死因!生い立ちや若い頃・結婚した旦那と子供・子孫や遺産を総まと…

『ミステリーの女王』と呼ばれ、数多くの名作を世に送り出したアガサ・クリスティーさん。 そこで今回は、アガサ…

sumichel / 5705 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク

"); } })(jQuery);